きな粉は身体に合わなかった

体に合わないなら控えた方が良い食品

半年くらいかけて、食生活を改善しながら取捨択一を行っています。

自分の健康にプラスとなるものとそうでないものを振り分けるというか、とりあえず、健康に良いと言われているものだったり、良さそうなものを色々試して、悪い面が無かったら続けるという感覚です。

そんな中で続けてきたきな粉。
これは、ダメでした。

これは、ファスティング関連の本できな粉を用いるのが良いというような事が書かれていたので試してみました。実際に、風味も良くなるので飲みやすいといえば、飲みやすい。

それで体に良いとなれば、マイナス要素はありません。
でも、どうも下から出るものが緩めになります。

べとつく感じです。
まあ、この辺はざっくりの説明程度にさせていただきますが、べとつくという事は、水分が抜けきっていない事だったり、悪い菌が増えている可能性もあります。

ファスティングのジャーナリストの中には、毎日続けているような事が書かれていましたが、真似してやってみたらダメですね。

豆類の防衛作用による消化不良が原因というのも考えられます。
この豆のバリア機能は、加熱すれば、無くなるそうですが、高温で焙煎したらさらに強固になって良くないという情報もあるそうです。

何が原因かははっきりしてない部分もありますが、出てくるものが健康的でないという事は、その原因は、食べたもの、あるいは、その食べ物の影響を腸が受けている事になるので控えるに超したことはないかなという気がしています。

せっかく、無くなりそうだったので二袋買ったばかりだったんですが、未練無くゴミ箱へとサヨナラです。

今は、ファスティングが注目されていて実践者の中にも有名な方が居ますが、その人たちが言う事がすべて正しいとは限らないので実感も大切にしていきたいところです。