薬よりも酵素の方が身体のタメになる

内服薬は酵素を無駄にしてしまうもの

病気になると病院へ行って薬を貰ってくるというのが一般的であり、当たり前の事となっていますが、どうやら、薬を使えば使うほど病気が治りにくくなる事もあるようです。この事を「薬に対して耐性が付いたから」なんて言ったりしますが、体の中では、酵素が無駄遣いされてしまっているようです。

薬に頼りすぎるのは、良いことではありませんね。

薬とひとくくりに言っても、これに該当するのは、製薬会社で作られた内服薬ですが、薬は、症状を沈静化する働きのあるもの。つまりこれは、対症療法と言って、その症状事態は解消へ向かわせることができるけど、その一方で、他の副作用が出ることもあります。

それに、効き目の強い抗生物質などは、一時的に悪い菌の数を減らしてくれますが、結果的に良い菌まで減らしてしまい、結局、関わっている症状を再発しやすくする場合も多いようなのです。

一方で漢方薬とかなら話は別ですが、結局、あれは、体の中の働きを活性化させるものであり、栄養補助に近いものです。なので、その辺の心配も少なくなりますが、漢方薬の中にも、本来は、ヒトが口にしてはいけないものなどあるかもしれないので、注意したいところですね。

中には、胃腸障害や血圧上昇、尿量の低下、間質性肺炎などを引き起こしてしまうものもあるようです。そう考えると、薬は、極力頼らないことに超したことはありません。

そういう部分も踏まえて、薬に頼らない健康に関する情報などを書き残していこうかなと考えていますが、その上でも酵素などの情報も盛り込んでいきたいなと考え中です。

女性に多い膀胱炎の市販薬について

膀胱炎は、大腸菌などの雑菌が入りやすい構造の女性に多いものですが、その原因は、自分自身の身体についている大腸菌が尿道へと入ってしまう事。そんな膀胱炎は、市販薬ではどうやら直接治せないという事を知りました。

膀胱炎の市販薬として販売されているものは、排尿を促すもののみ。
小林製薬から出ているボーコレンという薬の名前を聞いたことがあると思いますが、この薬も結局は排尿を促すのみだそうです。

では、なぜ排尿を促すのか。
これは、膀胱内に入り込んだ雑菌を早く体外に出す事で症状が改善する為です。その為にも、水分を多く摂りつつこうした薬を用いて沢山尿を出すことで改善します。

その為、ボーコレンが膀胱炎に効くというイメージが強いのです。
でも、実際は、直接的な完治が出来ません。

また、病院へ行けば、いわゆる抗菌薬を出してもらえるので、直接菌を殺傷し症状の沈静化も可能となりますが、基本的に内服薬の中でも、ウイルスや細菌類を撃退できる薬の多くは、人の細胞にも悪い影響を与える事があります。

という事で、抗菌薬での治療方法は、最終手段として残しておくとして、サプリメントならどんな種類が売られているのか調べてみました。

すると、クランベリー等を主原料とするキナ酸が含まれたものがありますが、これらは、膀胱内の環境を弱酸性に保ってくれるそうです。すると、雑菌の繁殖が抑えられるのだとか。

他にも、Dマンノースなど、海外では特許を持っている成分のサプリメントなどがあるので、これなら、サプリなので予防としても使えるだけで無く、抗菌薬のように、身体への負担も気にしなくて済むのかもしれません。

でも、処方薬に頼るならクラビットになりますが、処方などは把握しているので必要な場合は、個人輸入の方が手っ取り早く購入できて楽なのかなと思ってます。

再発を繰り返す感染症も未然に防ぎたいもの

身近な感染症で体調が悪くなると繰り返すものがあります。例えば、口唇ヘルペスなどが代表的なものですが、これは、感染した人に口唇ヘルペスが発症していて、そこに触れると、他の人にも感染する危険があるそうです。

また、一度感染すると、体内にウイルスの遺伝子が残ってしまうらしく、ストレスや疲労などで体調不良が続くと、ピリピリと痛み出して再発する事があるそうです。

そんな、口唇ヘルペスが現れる前に、バルトレックスという抗生物質を服用する事が事前に出来れば症状の再発も防ぐ事が出来るようですが、そもそもの再発を起こさない為にも、日頃からの体調管理と栄養バランスが必要不可欠な事は言うまでも有りません。

その為にも、酵素を補う事で代謝を促し悪い毒素をため込まない事で、身体の中の管理が十分行き届いている状況を作る必要があるのかもしれません。

酵素の無駄遣いを減らす事は妊娠にも有効

酵素について色々と情報を集めていると、結局、酵素を無駄遣いする事が良くないという内容にたどり着くことが多いのですが、じゃあ、その酵素の無駄遣いを減らす為にはどうしたらよいのかという事になります。

そうしてたどり着くと、結局は、食べる量を抑える事。
出来るだけ食べなくても大丈夫なように工夫する事だそうです。

かといって、水だけで良いというワケではありませんが、実際にそれに近しい生活を続けて、それで居て健康で元気に生活しているそうなので驚きます。
まあ、極めて稀な超人の領域だと思っていますが…。

でも、それらの情報を辿っていくと、どうやら妊娠する上でも食べない工夫は必要なようです。
これには、さすがに驚いたというか、あまり責任持てないなと思っているので、やんわり書き残しておきます。

これは、ファスティングというジャンルで色々と著書のある方の情報ですが、不妊治療が上手くいかずに悩んでいるカップルが断食道場のプログラムに参加し、今まで何年も悩んでいたと思えないくらいあっけなく子供が出来たというような内容でした。

なので、世の中では、妊娠中には、葉酸が必要だから葉酸サプリメントを飲んだ方が良いとか、その葉酸は、石油由来じゃなく天然由来の方が安全だとか色々と有りますが、栄養よりも食べない事で酵素を無駄にしないように工夫する事の方が直接的解決に繋がるのかもしれません。

また、妊娠だけじゃなく、その前の排卵の改善にも関わってくるようなので、生理不順が続いている場合にファスティングなど行う事でホルモンバランスが整い、生理が安定するなんて事も十分あり得る話だそうです。

そんな時に備えて、排卵検査薬を用意しておけば、実際にその通りになるか確認する事が出来ますが、それも含めて、妊娠したいと考えている女性なら、まずは、栄養よりも食べない工夫を意識してみると良いかもしれません。

血糖値をチェックして糖質の摂取量を意識

以前より生野菜を食べるようになったお陰からか、身体の調子が悪くない状態が続いています。食生活を切り替えてまもなくは、身体の中から不要なものが減っていってるような感じがあり、すっと身体が軽くなる感覚がありました。

でも、そんな生活を半年も続けていたら、もう今の感覚が普通になってしまったので、そこから更に良い変化というのは無いですが、まあ、快調な方なんだと思います。

ただし、自ずとカロリーを制限しているようで、時々、エネルギー不足を感じる事もあるので注意しないといけないかなと思ってますね。

エネルギーと言えば、糖質ですが、糖質の中でもブドウ糖が直接的なエネルギー。

砂糖は、身体にあまり良くないという事で調味料などでも控えるようにしているのですが、チョコレートなどには含まれているので血糖値をモニタリングしています。

どのように血糖値をチェックしているのかというと、血糖値測定器で行っています。以前ネット通販で一通り購入したのですが、健康管理にもはや欠かせないツールとなってしまいました。私も全く病気ではないものの、色々と血液の変化を把握する事が出来て、良い発見があります。